代表からごあいさつ

私が芸能の世界に飛び込んだのは、今から7年ほど前のことです。

当時12歳だった私の娘が、急性リンパ性白血病と診断され、骨髄移植をするしか生きる道はないと診断され、絶望のどん底にいました。ちょうどその頃、世間ではクリスマス。娘が入院している小児病棟にプロ野球の現役選手何人かと、大リーグで活躍していた選手の方がサンタさんになって現れました。その時の神々しさ。病気で寝たきりになっていた娘だけではなく、病棟の子供達がたちまち笑顔になったのです。頑張って早く退院して、球場で野球を見るんだ!子供達にとってどんな薬よりも効果的だったように思います。特に野球が好きなわけではなかった娘ですら、一流の野球選手のパワーのおかげで元気になったかのようでした。

その時私はふと思ったのです。お医者様はお薬を使って患者様を治療をし、治すことができます。しかし、お薬以上に人を元気付けて勇気を与えるすごいパワーを持った人がいるんだ、と。そういう人を自分が育てることができたら。娘のような病気で苦しんでいる子供達に生きる勇気と力を与える存在を作ることができたなら、どんなに素敵なことでしょう。

私は、本物のスターとは、映画、テレビ、舞台、映像などを通して、本当に苦しんでいる人、本当に悲しんでいる人に寄り添い、観る人に勇気を与え、幸せを分け合う、神様に選ばれた人のことを言うのだと思うのです。そんなスターを育て上げることが、私の一生をかけた目標となったのです。

あの日、私の背中を後押ししてくれた娘の「ママならできるよ」という声が、これからもずっと私を支え続けてくれることと思います。

代表取締役 堀 ともこ プロフィール

武蔵野音楽大学大学院、ドイツ国立ベルリン芸術大学を経て、日本とドイツ各地においてオペラ歌手として活躍。
オペラ歌手としての経験を生かし、シンガポール、ロンドンでボイストレーナーとして7年ほど活動。子供から大人まで幅広くレッスンを行い、教育者としてリトミック教育にも携わる。

帰国後、豊岡短期大学、日本工学院八王子専門学校にて声楽、ピアノ、音楽理論の講師をつとめる。

映画監督であった故瀬川昌治との出会いにより映像制作、企画、プロデュースに携わるようになる。瀬川の強い勧めで俳優の養成を開始、瀬川自身のマネージメントにも携わるようになる。

その後、元東映の吉田達に師事。AbemaTVオリジナルドラマのプロデューサーをつとめるなど、ドラマや映像のプロデューサーとして数多くの作品を手がける他、現在、シンガーソングライターのイメージ・プロデュースなども手がけ、着実に活躍の場を広げている。

故松田優作のマネージメントをつとめた宮前寿美子と芸能事務所を運営。現在TTGlobalとして生まれかわり、映像制作、俳優のマネージメント、アーティストのプロデュース、ホームページのデザインなど、幅広いスタッフを要する会社の代表取締役となる。

日本映画テレビプロデューサー協会会員
日本アカデミー賞協会会員